NMB48みるきーに、よしりん翁として苦言


NMB48みるきー(渡辺美優紀)の、
お泊り愛スキャンダルが週刊文春で報じられた。

このスキャンダルでファンが減らないならそれでいいが、
みるきーは「ネタ」にできるタイプではないと思う。

名曲「わるきー」の意味合いも変わってしまう。

それが惜しい。

 

大組閣でAKBの兼任が解かれ、チームBIIに移動させられたとき、
熱心なファンが運営の仕打ちに憤って、
わしに「みるきーを励ましてください」と頼んできた。

ブログで、「大試練だが、握手会の人気があるんだから、
ここを乗り切れば、今よりもっと凄いアイドルになれる」と書いたら、
ファンたちから感謝の便りをもらった。

 

ファンは真面目に働いて貯金し、ボーナスも使わずに握手券付きのCDや、
総選挙に大金を注ぎ込んでしまう。

何の見返りもないのに。

みるきーを選抜に入れるため、順位をもっと上げるため、
見返りのない大金を投じている。

大島優子が言った通り、まさに「愛」だ。

無償の「愛」だ。

わしはそういう、けなげで熱烈なファンのことを考えてしまう。

わしが知ったみるきーのファンは、礼儀正しくて真面目な男が多かったので、
なんだか可哀そうで泣けてくる。

 

恋愛禁止ルールなんか、もうとっくに崩壊している。

昔このルールの犠牲になったメンバーが気の毒だが、
いちいち対応できないくらいにヤバいルールだったのだろう。

もはや恋愛禁止ルールは、ファンの心の中だけで発動される。

アイドルに純粋性を求めるファンは多いが、
ルールを破ったからこそ面白いと評価するファンもいるとわかった。

だからもう運営もメンバーもスルーすることに決めたのだろう。

 

しかし大組閣で大試練を迎える大事なときに、ファン離れは痛い。

野心が足らなかったのだろうか?

週刊文春がわしに会いに来たのは、
みるきーのネームバリューが足らないからだ。

わしの名を出さないと記事のインパクトに欠けるからだ。

AKB村で上位にいても、世間的には有名ではないのだ。

みるきーは、まだまだこれから上を目指し、
わしより有名にならなければいけない子だ。

 

みるきーの劇場公演のパフォーマンスは抜群だ。

今後はみるきーの本気の野望の分だけ、わしも応援を続けよう。

チームBIIにはみおりん(市川美織)もいるから
仕方がないじゃないか。

だが、今後のファン離れが心配だし、バッシングに晒されることが心配だ。

ネットの評判は見るんじゃない

試練はさらに過酷になったが、無償で応援するファンのことを、
もっと考えてあげてほしい。

 

わしはもう、とっくに「ヲタ卒」はしている。

翁としてAKBグループを応援しているから「ヲタ卒」、「翁入り」だ。

メンバーのことも、ファンのことも、翁として心配になるのだ。

今後はよしりん翁と呼べ


http://yoshinori-kobayashi.com/4093/